即日融資 至急web tz



































プロミス



スマホ・webで24時間申込可能


来店不要・最短即日融資





プロミス 詳細はこちら
モビット

スマホで24時間キャッシング


申込から借入までweb完結





モビット 詳細はこちら
アイフル



スマホで24時間キャッシング


申込から借入までweb完結




アイフル 詳細はこちら


































プロミス

プロミスとは、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が運営している消費者金融会社です。プロミスではキャッシングに加えて、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンの4つの商品が展開されています。メイン商品であるフリーキャッシングは、18?69歳までの安定した収入がある方が対象です。会社員はもちろんのこと、アルバイトやパートの方でも利用できる可能性があります。

プロミスはサービス内容が豊富なのが特徴です。プロミスの審査は最短即日融資が可能となっています。即日融資を利用したい場合は、Web・アプリや自動契約機で申し込むのがおすすめです。ただし、審査内容や時期によっては時間がかかる場合があるので注意してください。30日間無利息で利用できるサービスもあります。プロミスで初回契約した方に限り、借入日の翌日から30日間までなら無利息でキャッシングを利用できるのです。

わずか10秒後に指定の口座へお金が振り込まれる瞬フリというサービスも展開されています。Webの会員ページから振込依頼すると、24時間365日いつでも最短30秒で希望金額を振り込んでくれる便利なサービスです。利用できる金融機関が決まっているものの、全国約200の金融機関で手続きできるので問題ないでしょう。なお、手続きした時間帯によっては、翌日振込になるケースもあるので注意が必要です。貯めるとお得なポイントサービスも用意されています。ポイントを貯めると、提携ATM手数料が無料になったり、ポイント数に応じて一定期間無利息になるサービスを受けられます。

プロミスを利用する際は、Web・アプリ、来店または電話という3つの申込方法があります。手続きの際は、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類が必要です。Web・アプリを利用する場合は、まず申込フォームに氏名や住所、借入希望額などを記入してください。次に運転免許証などで本人確認が行われます。申込後に届いたメール内のURLにアクセスし、申込時に入力したパスワードを使ってログインします。

アプリを使って、顔と運転免許証の写真を撮って提出しましょう。プロミス側から依頼があれば、収入証明書類の提出が必要になる場合もあります。キャッシングの審査結果はメールまたは電話で届きます。Web上で契約手続きが完了すれば、すぐに借入が可能になります。なお、審査が完了した後に店舗に来店して、カードを発行してもらってから借入することも可能です。






プロミス 詳細はこちら



プロミスレディース 詳細はこちら







モビット

モビットの正式名称はSMBCモビットと言い、運営会社はSMBC(三井住友銀行)グループの株式会社SMBCモビットです。カードローンのキャッシングサービスを展開しています。最短即日融資が可能なので、急ぎのお金が必要になったときに便利です。SMBCグループであるのに加え、健康経営優良法人2022(大規模法人部門)にも認定されているので安心してお金を借りることができます。全国の提携ATMやローソン銀行ATMで24時間対応しており、時間を気にせず申込・借入・返済が可能です。返済すると利息分200円に対して1ポイントのTポイントが付与され、返済にも1ポイント1円としてTポイントが利用できるのもモビットの特徴です。会員専用のネットサービス「Myモビ」を利用すると、利用状況の照会や借入・返済の相談などができます。

住友銀行か三菱UFJ銀行、みずほ銀行またはゆうちょ銀行に口座がある人と、社会保険証か組合保険証のある人は手続きがweb申込で完結します。ネットで口座に入金され銀行のカードで出金ができるので最短即日融資が可能ですが、入金のタイミングは金融機関によって異なります。本人確認の電話や、契約書類の郵送などはありません。カード申込をした場合は、モビットカードは、ゆうパックで指定のコンビニなどに届きます。最寄りのローン契約機でも受け取れます。モビットアプリをスマホにインストールすれば、モビットカードなしで24時間取り引きが可能です。セブン銀行・ローソン銀行のATMもカードなしで利用できます。

モビットを利用するには、まずWebの簡易審査を受けましょう。必要事項を入力すると、審査結果が10秒で表示されます。本審査の結果はメールか電話で、最短30分で確認できます。そのままネットか電話で契約でき、契約後は提携ATMか振り込み融資を利用できます。もっとスピードアップしたい場合はネット申込後にコールセンターに電話すると、すぐに審査が始まり手続き完了後最短3分で口座にお金が振り込まれます。借り入れの申込資格は20歳から69歳の安定した定期収入のある人で、アルバイトや派遣社員、自営業でも可能です。運転免許証か、健康保険証などの書類が必要です。入会金や年会費はかかりません。

借入方法は振込キャッシングと、連携ATMでのキャッシングがあります。返済は口座振替・提携ATM・インターネット返済などが選べます。金利は実質年率3%から18%です。利息は日割り計算になります。たとえば、10万円を18%の金利で30日間借りたときの利息は1,479円になります。





モビット 詳細はこちら







アイフル

アイフルとは、カードローン、キャッシングローンのほか、事業サポートを請け負っている消費者金融です。正式名称は「アイフル株式会社」です。アイフルは1967年に創業、1978年に設立されました。1978年当時の社名は「株式会社丸高」であり、1982年からアイフル株式会社を名乗り始めます。2020〜2021年の消費者金融の営業収益ランキングでは、アコム、三井住友FGに次いで、3位となりました。テレビCMやWeb広告も有名であり、日本でもっとも有名な消費者金融のひとつだといえます。20〜69歳で安定した収入のある人なら、誰でも申込可能です。

アイフルのサービスの特徴は、「最短即日融資」です。Web申込なら、審査は最短25分で完了し即日融資を受けられます。さらに、初めての利用なら30日間は利息0円です。融資を受けても、30日以内に完済すれば利息が発生しません。そのほか、振り込み手続きには、24時間365日対応がなされます。土日祝日も関係がないので、すぐにでもお金が必要な人には向いているサービスだといえるでしょう。ただし、指定の金融機関の受付時間外なら、翌営業日以降に振り込みは持ち越しとなります。

アイフルの申込方法は「Web」「スマホアプリ」「電話」「無人店舗」「専用窓口」の5種類です。このうち、場所を選ばずに申し込めるのは、「Web」「スマホアプリ」「電話」です。Webとスマホアプリでは、入力フォームに基本情報や収入状況を打ち込んで、審査を待ちます。電話でも流れは変わらないものの、自分で入力をするのではなく、オペレーターに情報を伝える仕組みです。

無人店舗では、係員と電話でやり取りをしながら、必要事項を入力します。専用窓口でも係員を通して、必須事項を埋めていきます。なお、審査に申込むためには本人確認と収入証明の書類が不可欠です。本人確認書類としてアイフルが認めているのは、運転免許証、個人番号カード(表のみ)、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カードなど、顔写真付きのものです。あるいは、公共料金領収書や国税・地方税の領収書、納税証明書が必要になることもあります。そのうえで、源泉徴収票や給料明細などの収入証明書も提出しなくてはなりません。

アイフルの審査に通ったら、利用開始となります。審査結果は電話かメールで、申込者の希望に応じて通知されます。自宅や職場への在籍確認は原則的に行われていません。ただ、審査状況によっては電話がかかってくることもあります。契約後の借入方法は振込やアプリ、ATM利用などです。振込やアプリだと、カードがなくても利用可能です。






アイフル 詳細はこちら












即日融資 至急web tz

労働者から見れば羨ましくさえ思えることもあるニートですが、ことお金に関してはそうは言えません。どこかから借りるにしても親のことを考えて思いとどまるよう説得しに来る人もいるかもしれません。

 

 

誰を頼りにしようと思っているかわかりませんが、きちんとした会社、例えば銀行や金融会社などの専門のところでは、返済の見込みの全くない人にお金を貸すような馬鹿なことはしません。そうは言っても、ごく近しい人たちの間柄で、お金を貸してもいいと言ってくれる人がいるかもしれないのです。

 

それが血のつながりや、長い付き合いに起因するならば、こちらとしても文句を言う筋合いなどないのは当然のことです。
ただお友達なら、相手の生活を思いやる気遣いは常に持ちつづける必要があると思います。

 

 

 

普段からある程度備えていても、不意の出費などでキャッシングやカードローンを利用する可能性は多少なりともあるでしょう。
そのとき、紹介されたからとか友達が利用していたからという理由で安易に借りるとアヤシイ会社や法定外の利息をとる闇金だったりして、アトになって後悔する羽目になる危険性がありますから、知らないところでは「すぐ借りちゃダメ」です。

 

 

まずは、知らないところからは借りないこと。

 

 

借りる前にCMで認知度が高い企業や銀行などの中から借りればトラブルも防げます。
これまで堅実に暮らしてきて、何の心配もしていませんでしたが、いつなんどき「すぐにお金を、それもそこそこの金額揃えなければならない」思い出したくないかもしれませんが、年を重ねれば重ねるほど、そんな経験の1つや2つありますね。こんな急な資金調達に応じてくれるところ。

 

 

 

そんな都合のいいところで、とりあえず当たってみたいのは、クレジットのカードで、ATMのように気軽に利用できる消費者金融の貸付機などがあちこちにみられるようになり、頼もしい限りです。
怖い顔の方がいるわけではないし、所要時間も人によってはたった5分で、貸してくれるそうです。

 

それも魅力の1つですよね。そんなことはないに越したことはありませんが、貯金と並行して借金の方でも下調べをしておくのもいいでしょう。
急にお金が必要になって、借りられるところを検索したら、一括審査というのをしりました。保険の一括見積もりと同様の仕組みです。

 

 

そういう便利なものがあるのを知らなかったので、ローン会社の審査に通らなかったら、すぐ別の会社を捜しては申し込むの繰り返しなのかと思って、それだけでストレスを感じていました。利用者にとっても時短や手間解消のメリットはありますが、金融各社も競合他社とくらべられるので、審査面で少し緩いのではないかと思います。

 

 

 

お金が足りなくなりそうなときに友達が海外旅行に誘ってくるというのもよく聞くことです。一般人ならば、海外旅行なんてそれほど縁のあるものではありませんし、行けるときには行きたいものです。

 

それならキャッシングの利用も考えてみて下さい。

 

 

キャッシングは初めてという人には、借り入れから30日間は利息の支払いがない消費者金融もいくつかあります。

 

 

 

考えてみて下さい。
借り入れのやり過ぎは危険です。

 

 

借金が複数ある状態の多重債務というものになってしまうでしょう。というのは、一つの会社から借りられる金額には限度額が決められていますよね。
それゆえ、返済日になれば、お金を返済するために調達できるところから用意しないといけないわけです。
これを重ねることにより、多重債務者が出来上がります。
上手く使えば非常に便利なのがキャッシングですが、期日までに返済が間に合わなければ資産を差し押さえられてしまう諸刃の剣です。この場合、預金口座や給料が主な差し押さえ対象になりますが、20万円の給料なら5万円まで、最大でも4分の1の額が差し押さえ対象になるのです。

 

 

 

給与は4分の1までなのに対し、年金はもっと問題で、振込先の口座自体を差し押さえされてしまった場合、年金の全額を差し押さえで持って行かれるということにもなるのです。

 

こみたいな事態を防ぐためにも、キャッシングは計画的に利用するようにしましょう。

 

お金が無く、誰か、もしくはどこかの会社から借りようと思い立った時、収入に関する制約が無いなんて事は、どういう根拠に基づいて行なわれているのか疑問ですが、近年の常識として、それほど多額の借り入れでなければ、収入の多寡を問われることなどなく、証明書の提出ももとめられることがないのが、普通で、手つづきが以前とくらべて簡便になってきています。
小額の基準は自分が考えていたより高く、数百万円までと言うことで、常識的に考えれば、とてもそうは言えないような金額のようです。

 

結局のところ家を買うような大金でない限り、収入に関する如何なる保証もなしで実行されるということですよね。
借金で首が回らなくなる人が、これでずいぶん減るに違いありません。煩わしいこともなく借金を返済できる返済方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)はコンビニで返済するのがおすすめです。

 

コンビニ返済なら時間を気にせず行くことができるので、思い出した時に行くことができます。多くの方が共通して立ち寄っていくことが多いコンビニは、私は出かけるときや出先でも寄っていきます。
キャッシングでお金を借りて返済していることが身の周りの人に気づかれにくいのもコンビニ返済を利用する上での利点です。すぐにでもお金が必要だという主婦の方は、その日のうちにお金を貸してくれるキャッシング会社を捜し、時間が遅すぎて、審査が翌日に持ち越されないように時間帯を考えて申し込むことをオススメします。
普通、主婦がお金を借りるためには、パートなどによって、お金を定期的にもらっていることになります。

 

あっという間に審査の結果がわかるようにミスなく申込書に書かなければいけません。

 

それから、旦那さんが勤務されていれば、お金を借りられるところも多いです。キャッシング利用って、少額、短期が圧倒的に多いそうです。

 

急な出費に困ることは多かれ少なかれ、ありますよね。そんな間の悪い出費をフォローしてくれるのがキャッシングです。

 

 

 

若手女性タレントを起用したCMで、計画的な利用を呼びかけており、すっかり健全なイメージが定着したせいか、初めてでもこだわりなく利用出来るようになりました。
もしものときに、手つづきで手間取らないよう、すぐに対応してくれるような会社をあらかじめ調べておくと良いでしょう。

 

 

闇金の実態とそこからの借金については、よほどのことがない限り、避けた方がいいと考える人が大半ではないかと思います。
一生関わらずに済むなら、それに越したことはないでしょう。しかし、町のそこここの隅にひっそりと息づいている闇金業者がそのままありつづけている裏には表に表れないだけで、相当の需要が潜んでいることがわかります。一昔前と違い、お金はどんどん貸すものでは無くなっていて、利息もずいぶん値上がりし融資の難易度は上がるばかりです。

 

倒産が相次ぎ、リストラ、失業の嵐が吹き荒れるなど不景気の世の中でもがく人こそが、お金を必要としているのに、そんな人たちだと融資への対応をしてもらえないようです。そこでいよいよ闇金の登場です。
ただ、そこで闇金業者の罠にはまると如何なる方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)をもってしても抜け出すことは出来なくなってしまうでしょう。
後悔先に立たず。そうならないよう、お金の貸し借りには気をつけたいものですね。
お金を借りるときは、期日や金額ばかりが気になり、借りやすさから、金利が高めのローンに手を出しがちです。

 

しかし、使途は「生活資金」に限られますが、社会福祉協議会(通称は社協)を訪ねてみるのもありだと思います。最大3.0%という低い金利で借り入れ可能です。生活費を融資するのは「生活福祉資金貸付制度」と言い、用途別に他にも制度があります。

 

 

また、連帯保証人がいれば無利息になるというのも大いに助かります。
民間融資と公的融資。

 

どちらもよく調べて、最適な判断をして下さい。

 

 

 

社会人になると収入も増えますが、支出も増えるのが実情です。
住宅購入といった大物から、学資・生活費・資格取得の教材費のための借り入れ、キャッシングやショッピングのカード払い(リボ・分割)なども借入のうちに入ります。

 

 

便利なものですが、上手く使わないと金利負担が増えて苦労します。

 

 

 

分割回数が多いとそれだけ利息総額が大聞くなるので、負担を減らすには返済期間短縮がもっとも有効です。

 

 

 

ローンと現在の銀行の定期預金の金利を比較すると、ローンの金利のほうが高いので貯金をするくらいなら繰上げで一括返済したほうがよっぽど経済的というものです。

 

 

ローンシミュレータなどを使って計算すると、節約効果に驚くと思いますよ。これはカードローンに限定した話ではありませんが、お金を借りる場合、貸す側にとって一番大切なことと言えば、借りる側の返済能力の有無です。

 

ですので、これから住宅ローンを受けようと考えても、審査の段階でカードローンなどでお金を借りていると、現実的に住宅ローンを返せるのか、その力があるのかどうか、という点では不利になる事はミスないと思います。初めてキャッシングの利用を申し込む際には借り入れを願望する額の記入が必須となります。

 

すぐには金額を決められないかもしれませんが、始めのうちから高めの金額を申し込むと断られてしまう場合もあるのです。
ここは最初ですから、なるべく願望の金額は控えめにしておいて、借りたお金を返したという実績をちゃんと積んだ上で追加のキャッシングを申し込むのが賢い方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)です。毎回のキャッシングの審査で、勤務先に在籍確認の電話がかかってくるのですが、あれってはっきり言って、面倒だと感じる方が多いと思います。

 

 

でも、よく考えてみると顔も知らない見知らぬ他人に快く融資に応じてくれるなんて、普通に考えれば、無いですよね。

 

 

仮に、どんな条件でもお金を貸してくれるとなったら、それはつまり、一般常識は通じないところだということです。ですから、カードローンも同様に審査は必ず受けなくてはいけないんですよね。キャッシングというとクレジットカードとカードローンを同じように考えているケースが意外と多いです。
簡単に言うと、この二つ、融資上限額が結構ちがうんです。

 

物品の購入を目的としたクレジットカードは融資の上限が10?20万円と低く、信用度合いで上がりますがそれでも100万くらいでしょう。
一方、カードローンは融資を主目的とし、3ケタ万円の限度額が設けられていて、クレジットカードのキャッシング枠にくらべると10倍から数十倍ほどの差があるんですよ。キャッシングでもローンでも気をつけなければいけないのは「延滞」です。遅延損害金が加算されるため、出費が増えます。
多少ならいいやと思うのはミスで、延滞の回数や遅延日数の記録は残るので、あまりひどいとタチが悪い顧客と見なされ(いわゆるブラックリスト)、今後の借り入れができなくなってしまうなどのデメリットがあります。忙しくても返済できるよう24H営業のコンビニと提携したり、会社側でも利用者の便宜を図っているので、現実的な返済方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)を選び、無理な計画は立てないようにしましょう。延滞には将来的にもデメリットしかないことを覚えておいて下さい。なぜか使っていたキャッシング。

 

 

 

もっと賢く使いこなしましょう。例えば返済方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)ですが、一括返済と分割返済に分かれています。
分割にくらべるとお得なのは、一括払いです。

 

利息を払うのが1回だけで済みますから、当然ながら、安くなります。私の場合は一括はムリなので、利息分の負担は増えますが、素直に分割払いを選択しています。借入額に応じた返済回数を選んだり、負担を軽減したいときはリボ払いを選ぶなど、月々の生活費を圧迫しない程度に調整することができます。ボーナスのない年棒制の会社や個人事業主も増え、収入の形態も変化してきています。それぞれに合った返済方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)で、スマートに借り、スマートに返すことが大切なんですね。急にお金が必要になったとき、キャッシングで即日融資してもらえるのが増えてきて、大手各社や銀行のカードローンでもよほどの大金でない限り、すべての手つづきが2?3時間で終わっているというのが普通です。数年前まではもう少し遅かったのですが、まさかこんなに早くなるとは予想しませんでした。かつてのほうが時間がかかりすぎだったのでしょうか。以前より小額の申込が増えて審査が緩くなっているとか、顧客を待たせない迅速な対応の裏では理由があり、中でもオンライン化は無視できないでしょう。
どみたいな理由にしろ、多忙な勤労世代にとっては本当に有難いことです。

 

カードローンの申込みで準備しなければいけないものは、考えているほど多くありません。個人の貸借履歴や会社ごとの審査基準によりますが、運転免許証、健康保険証などがあるとOKです。

 

 

 

顔写真つきの証明書がない場合でも、保険証と公共料金の領収書などで済む場合があります。随分カンタンだと思われるかもしれませんね。

 

 

 

でも、返すときに同じように思えるでしょうか。
それはお金を手にする前の心がけ次第とも言えます。返済が長期化すると総支払額が増えますし、短くすれば月々苦しいです。
でも、それをどう感じるかは性格やライフスタイルで違ってくるはず。

 

「これなら大丈夫」と思うような範囲内に借入も返済も抑えることが大切だと思います。キャッシングを行ったらきに会社の『信頼度』を気にして、その尺度に大手であることを挙げる人は多いです。銀行系と消費者金融系に分かれていて、銀行系ならモビットやノーローン、消費者金融系ならプロミスやアコム(ともに筆頭株主は大手銀行ですが)などがよく知られています。
こういった老舗・大手を利用するメリットは、利率が低いことでしょう。
返済額は借入額+利息ですから、大手の低利率の融資を受けられれば返済額を低く抑えることができます。それに、延滞を起こして総支払額が増えてしまう可能性も減ります。昔はカードローンやキャッシングは一口にサラ金と言われ怖いものと思われた時代がありました。

 

 

近年では法律も変わり、金利は制限を受け、違反業者には厳しい罰則が課されるようになりました。とはいえ、利息上限法では最大で18.0%での貸付が認められているのに対し、出資法では29.2%までなら(※登録事業者に限る)、の貸付が可能です。一見して矛盾しているようですが、きちんと登録されていれば合法なのです。

 

この差11%を指してグレーゾーンとはよく言ったものですね。「過払い金請求」のCMでは詳細について語られていませんが、利用者(債務者)がグレーゾーン金利として払った額を返金して貰うものです。専門知識が必要なため、手つづきは弁護士を通じておこなわれます。キャッシングを複数社で利用する際にはその金額については総量規制を受けるので、利用可能額が各社合計でどうなるかをよく確かめてからキャッシングの申し込みをおこなうことが大切です。消費者金融の会社が、この総量規制というものを設けているのは、利用者があまりに多くの金額を借り入れするのを防ぐためであり、その上限は年収の額に左右されるため、自分の借り入れの状況を把握して判断しなければなりません。

 

お金に困ってカードローンなどで借入したら、財布や口座に余裕があったら一括返済する。その方が絶対にトク。と会社の先輩に言われました。
どうしてなのか聞くと、数年前に知人が複数のカードローンの返済を抱えてどうしようもなくなってしまったことを知っているからだとか。ひょっとして多少は巻き添えをくったのかもしれません。カードローンでお金を借りるときは、現金に『借入』のハンコは押してないですから、お金を借りている緊張感や数字に対する意識が薄れてしまうのかも。

 

 

 

だって、一度お財布に現金を入れたら、自分のお金と借金のお金と区別つかないですから。ある意味、怖いなと思いました。

 

 

 

自分も注意して使おうと思います。ひとむかし前までは借りるのに気後れしがちなカードローンでしたが、最近はよくある銀行のATMは持ちろん、コンビニATMなら24時間お金を出し入れできるとか。
本当に利用しやすくなりました。

 

銀行ATMと書いてあっても、ローンATMとは書いてないですからね。

 

 

「あいつお金借りてる」「えーっ」みたいな反応を受けずに済む点が気楽で、実際に誰も気づいていません。でも、自分の銀行口座と同じ感覚なので、借りすぎてしまい、返済するときにつらく感じることがあることはデメリットでしょうか。だけど借入というのは元々計画的におこなうものなので、上手く使いこなすのは本人次第なのではないでしょうか。キャッシングやカードローンというのは近頃では、ユーザーにとって非常に使いやすいものになってきています。もっとも顕著なのは、ネットだけで簡単に申込から融資までが済ませられることでしょう。上限30?50万円程度の小規模融資なら運転免許証や社員証などを写メやアプリで送信することで簡単に契約でき、手つづきが済んだらカードを郵送しない(カードレス利用)なら銀行口座への振込となり、コンビニエンスストアのATMを使って24時間お金を受け取れます。
初めて作ったクレジットカードのことは、いまでもよく覚えています。社会人は持っていなくちゃとなぜか思って作ったもので、22歳のときでした。なぜかの割に年齢だけは覚えています。よく利用する家電量販店のカードを申し込み、カードは不在時に書留で配達されたので、転送してもらって勤務先で受け取りました。特に設定した覚えはないですが、私のカードにはキャッシング機能持ついていて、最高50万(自分の場合は10万に設定)の現金を、自由に借りることができるわけです。役立つときもあるのだろ受けど、なんだかコワイと思ったことを覚えています。
どうしても今すぐ高額なお金を準備しなければならないけれど、所以あって貯金は利用できない、そんなお悩みには、キャッシングがおすすめです。派遣社員やアルバイトでお勤めの方でも借り入れができますし、専業主婦の場合には、配偶者の方に安定した収入があれば、貸してくれる業者が見つかるでしょう。

 

決まった条件を満たしていたら、すぐにでも融資が受けられます。

 

このページの先頭へ戻る